結婚相談所って必ず結婚できるところなの?成婚率と結婚率は違う?

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/02/22


結婚相談所の情報を比較していると、「成婚率」という言葉をよく目にします。本当にそれだけの割合の人が結婚に至っているのか、気になるところですよね。そこで今回は、結婚相談所と成婚率の関係や、自分に合う相談所を選ぶポイントなどについて紹介します。何を基準に相談所を選べばいいかわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

成婚率と結婚率は別物!実際に結婚したカップルは何割?

よく混同されがちなのですが、結婚率と成婚率は同義ではありません。結婚率は、文字通り実際に結婚に至った割合を指します。一方、成婚率は、必ずしも結婚が成立した割合を指すわけではないので注意が必要です。

■「成婚」の定義はさまざま

実は、成婚率をどう定義するかは各結婚相談所に委ねられています。たとえば、双方が真剣交際を開始した段階やプロポーズを承諾した時点で成婚とするところもあれば、同棲や宿泊をともなう旅行を成婚の定義に含んでいるところもあります。

つまり、婚約や結婚まで至っていない段階でも成婚とみなされてしまう場合が多いのです。成婚率の高さが売りの結婚相談所であるからといって、一概に結婚に至る確率が高いわけではないということを意識しておいてください。

■実際の結婚率はどれくらい?

では、実際に結婚相談所の利用者はどの程度の割合で結婚しているのでしょうか?婚活実態調査2021によると、2020年の婚姻者のうち、婚活サービス利用者の49.9%が結婚に至っており、その割合は過去最高を記録しました。

婚活サービスごとの結婚率を見ると、婚活サイトが44.7%、結婚相談所が41.7%、お見合いが22.2%、知人の紹介が21.9%などとなっています。昨今のコロナ禍の影響で婚活サイトの利用者が増えているものの、「確実に異性と出会いたい」「短期間で効率的に結婚までたどり着きたい」という人には、サポート体制が充実している結婚相談所の利用が有効であるといえます。

結局は本人次第の部分が大きい

それでは、結婚相談所を利用すれば必ず結婚できるのかといえば、そう簡単なものではありません。確かに、結婚相談所に入会すれば、担当のカウンセラーが親身になってアドバイスしてくれ、自分の条件に合う異性と出会える確率も高まります。

しかし、そのサポートやサービスをしっかり活用して結婚という結果に結びつけられるかどうかは、本人の努力次第である部分が大きいのです。以下に、結婚相談所で結婚できる人の特徴を3つ挙げるので参考にしてください。

結婚できる人の特徴1
人の話をきちんと聞ける

お見合いでは、自分のことを話す以上に、相手の話をきちんと聞くことが重要です。聞き上手な人は、男女問わず好感度が高くなります。また、結婚相談所のカウンセラーのアドバイスにしっかり耳を傾けることも大切です。たとえ自分の考え方に合わない助言をされたとしても、素直に受け入れ、自分の行動に反映させていけるよう心がけましょう。

結婚できる人の特徴2
自ら考え積極的に行動できる

ビジネスの現場でよく耳にするPDCAサイクルは、婚活の場にも活用できます。いつまでに結婚するという明確な目標を立て、そのために今何をすべきかを考えて行動する。うまくいかなかった場合には反省し、次の活動に活かす。その繰り返しが婚活です。決してカウンセラー任せにせず、自分で主体性を持って積極的に行動を起こしていくことが大切なのです。

結婚できる人の特徴3
許容範囲が広く柔軟性がある

結婚相手に対して自分なりの理想を持つことは悪いことではありません。しかし、婚活において100%自分の理想にぴったりの相手と巡り会うことは奇跡に近いでしょう。

仮にその理想から外れる点があったとしても、どのくらいまでなら許容できるのか、ということも婚活を成功させる上では重要です。結婚相手や未来の家庭像に対してキャパシティを広く持ち、状況に応じて柔軟に対応していく姿勢があれば、結婚のゴールもぐっと近づきます。

結婚相談所の方針と合っているか

世の中には大小さまざまな結婚相談所があり、それぞれに活動方針やサービス内容が異なります。どういう基準で選べばいいのか途方に暮れてしまう方も多いかもしれませんが、くれぐれも成婚率などの数値だけに惑わされず、各相談所の特徴や方針をしっかりと見極めて判断するようにしてください。

■活動のしやすさをチェック

結婚相談所によっては、入会すると担当カウンセラーとの面談が定期的に行われるところもあるため、自宅や職場からのアクセスのよさは、相談所選びのひとつのポイントになります。逆に、仕事が忙しいなどの理由で頻繁に相談所に通う余裕がない人は、オンライン対応のサービスやサポートが充実している相談所を選ぶのがよいでしょう。

■カウンセラーとの相性も大事

結婚相談所での活動を円滑に進めるには、担当カウンセラーとの相性も大切な要素になります。婚活の過程では、自分のよい面も悪い面もさらけ出すことになるので、心から信頼できる人か、何でも気軽に相談しやすい相手か、親身になってアドバイスしてくれそうか、といったポイントを押さえておきましょう。

一般に、結婚相談所では初回のカウンセリングをしてくれた人がそのまま担当カウンセラーになるケースが多いようです。そのため、まずは複数の結婚相談所の無料カウンセリングを受けてみて、相談所の雰囲気を確認するのと同時に、自分に合うカウンセラーを見極めていくことをおすすめします。

 

今回は、結婚相談所と成婚率の関係や、自分に合う相談所を選ぶポイントなどについて紹介しました。結婚相談所を選ぶ際、成婚率はひとつの指標にはなるでしょう。ただし、上述したように、成婚率の定義や算出方法は結婚相談所によってさまざまです。数値の高さだけを鵜呑みにせず、相談所の活動方針やサービス内容、カウンセラーの対応などをしっかりと比較し、自分が最も活動しやすいと思える相談所を選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

結婚相談所や婚活サイトなど、よく耳にしたことがあると思いますが、それぞれの違いにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは婚活サイトと結婚相談所の特徴を紹介していきたいと思います。また、ど
続きを読む
結婚相談所を利用して婚活を行う際に、どうしても具体的な内容が気になる方もいらっしゃると思います。マッチングアプリから婚活を始めた人が、次のステップとして結婚相談所を利用することも多くあります
続きを読む
結婚相談所の利用率が高くても、メリットばかりだけでなくデメリットもあるものです。人それぞれの捉え方にもよりますが、メリット・デメリットをしっかり把握してから入会するのが望ましいです。今回は、
続きを読む