婚活市場は女性の割合が高い?その理由とは

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/09/20


婚活を始めたのに理想の男性に出会えず、やめようと思っている方も多いのではないでしょうか。今、婚活市場は「女余り」と言われています。この記事では、女余りと言われる原因や、女余りでも婚活したほうがいい理由を解説します。婚活を成功させるためのポイントもご紹介しますので、理想の男性に出会いたい方は、ぜひ参考にしてください。

なぜ婚活市場は女性であふれているのか

日本における男女の割合はほぼ同じで、婚活している男女の割合も大きな差はありません。ではなぜ、婚活市場は女性であふれているのでしょうか。

婚活年齢が男女で違う

出産適齢期があることも影響して、男性より女性のほうが早くから婚活しています。婚活している人の年齢は、男性が30~50代、女性は20~30代が多いです。また、男性は年下の女性を希望するのに対し、女性は同年代を希望することが多いため、20~30代の男性が少なく、女余りになっています。

婚活にかかる費用が男女で違う

婚活サービスの多くは、女性より男性の利用料が高いです。そのため男性は、利用料が安いサービスを選ぶ傾向があります。一方女性は、信頼性を重視し、身元が証明されているサービスを選ぶことが多いです。そのため、婚活サービスによっては、女余りになっています。

男性に求める条件が高すぎる

婚活している女性の多くは、男性に求める年収を400万円以上としています。さらに、大手企業勤務などの条件も希望すると、該当する男性が絞られ、少ない男性に人気が集中するため、女余りになります。

女余りでも婚活したほうがいい理由とは

やはり、婚活市場は女余りということがわかりました。それでは結婚したい女性は、婚活しないほうがいいのでしょうか。

自然な出会いは少ない

最近はテレワークの企業も増え、飲み会などでの出会いが減りつつあります。自然な出会いを待っているだけでは、結婚相手に出会う可能性は低いです。女性の年齢を気にする男性は多いので、早めに婚活を始めるのがおすすめです。

婚活は効率的

婚活サービス以外で出会った場合、相手に結婚願望があるかわかりません。お付き合いしても長い期間が必要で、結婚できない可能性もあります。一方、婚活サービスは結婚したい人が登録します。そのため、結婚願望があるかを確認する必要がなく、お付き合いしたら、結婚という同じ目標にむかって進めます。

成婚率が高い

合コンなどにくらべて、婚活サービスを利用したほうが、成婚率が高いという調査結果があります。女余りでも効率的に婚活すれば、結婚までの道のりも遠くないでしょう。

女余りの婚活市場でも出会うには

婚活を始めてもなかなか出会いがないと、婚活に疲れてしまいます。疲れる前に、理想の相手に出会うためのポイントをご紹介します。

希望の条件をゆるめる

年齢や年収などで、希望の条件を絞り込みすぎると、該当する男性がいても、ライバルが多いです。20~30代の男性は、これから年収が上がることが多く、転職して年収が上がる可能性もあります。また、地域を限定しすぎると出会いの数も減ります。希望する条件を広げて、出会いのチャンスも広げましょう。

マッチングアプリを利用する

多くの男性に会えば、当然理想の男性に出会う確率も増えます。マッチングアプリなら、手軽に多くの男性と会えます。ポイントは、婚活向けで、年齢層が自分に合っているマッチングアプリを選ぶことです。登録者数や口コミだけで選ぶと、遊び目的の出会いを求める人が多かったり、希望の年齢層ではなかったりします。

また、ハイクラス向けや再婚したい人向け、など特徴もさまざまです。自分に合ったマッチングアプリを選びましょう。ダウンロードや登録は無料なので、複数のアプリを使ってみるのがおすすめです。忙しい方でも隙間時間を有効に使え、効率的に婚活できます。

結婚相談所に登録する

結婚相談所は、アドバイザーが相手を紹介してくれたり、AIがマッチングしてくれたりします。そのため、意外な視点から、自分に合う相手に出会えることが多いです。また、結婚相談所の多くは、本人確認書類に加えて独身証明書も提出します。身元が保証されているので、独身と言われたけど本当かな?などと思ってしまう方も安心できます。

さらに、ほかの婚活サービスにくらべて利用料が高いため、本気で結婚したい男性が多いです。そして「データマッチング型」「仲人型」などの特徴から、自分に合った結婚相談所を選べます。

婚活に息詰まっている、自分だけでは決められない方などは、仲人型がおすすめです。結婚のプロに相談しながら婚活を進められるので、友達に相談するより、適切なアドバイスがもらえるかもしれません。一方、アドバイスは必要ないという方は、データマッチング型がおすすめです。会員データをもとにマッチングされ、マッチング後は自分で相手とやりとりをします。

まとめ

確かに今の婚活市場は、婚活年齢が男女で違ったり、男性に求める条件が高すぎたりして、女余りです。自然な出会いを待っているだけでは、なかなか結婚できません。婚活すれば、合コンなどにくらべて効率的に結婚までたどり着けます。希望の条件をゆるめて、マッチングアプリや結婚相談所を利用して、出会いのチャンスを広げましょう。素敵な出会いがあるといいですね!

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

婚活を始めたのに理想の男性に出会えず、やめようと思っている方も多いのではないでしょうか。今、婚活市場は「女余り」と言われています。この記事では、女余りと言われる原因や、女余りでも婚活したほう
続きを読む
結婚相談所と聞くと、さまざまな婚活の最終手段というイメージを持たれている人も多いのではないでしょうか。結婚相談所は最後の砦ととらえている方もいるかもしれませんが、実はそのようなことはありませ
続きを読む
晩婚化が進んでいる日本ですが、30代になって結婚したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今では30代以降の結婚は珍しくなく、結婚へ向けての婚活も流行っていますね。 今回は結婚
続きを読む